Event is FINISHED

【8月15日18:00~】菅谷明子☓西田亮介「調査報道とニュースの公共性」を考える

Description
話題のドキュメンタリー映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」。

この図書館の存在を『未来を作る図書館〜ニューヨークからの報告』で広く知らしめた在米ジャーナリスト・菅谷明子さんと、メディアと政治の関係性・公共政策の社会学を研究し、『情報武装する政治』などの著作がある東京工業大学准教授・西田亮介さんが「調査報道とニュースの公共性」について語り合います。

この時代だから必要な「公共性」を考える視座とは? 「クリエイティブの公共性」とは何か?

日時:8月15日(木)18:00開始

会場:スマートニュース株式会社
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F

主催:スローニュース株式会社

対象者:ジャーナリスト、メディア関係者、メディアに関心の高い方

定員:60名(先着順)

参加費:無料

*イベント終了後に会場内で懇親会も予定しています。

菅谷明子さん:在米ジャーナリスト。米ニュース雑誌「Newsweek」日本版スタッフ、経済産業研究所(RIETI)研究員などを経て独立。
2011-12年ハーバード大学フェロー(特別研究員)としてメディア・イノベーションとジャーナリズム、創作文芸における新しい表現の可能性等を研究。2014年ハーバード大学ニーマンジャーナリズム財団役員就任。ニューヨークのコロンビア大学大学院修士課程修了、東京大学大学院博士課程満期退学。主著に「メディア・リテラシー 世界の現場から」「未来をつくる図書館 ニューヨークからの報告」(いずれも岩波新書)。

西田亮介さん:1983年京都生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同大学院政策・メディア研究科後期博士課程単位取得退学。2014年に慶應義塾大学にて、博士(政策・メディア)取得。同大学院政策・メディア研究科助教(有期・研究奨励Ⅱ)、(独)中小機構経営支援情報センターリサーチャー、東洋大学、学習院大学、デジタルハリウッド大学大学院非常勤講師、立命館大大学院特別招聘准教授等を経て、2015年9月より東京工業大学大学マネジメントセンター准教授。2016年4月より東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授(現職)。

スローニュース株式会社:ジャーナリズムの最も重要な役割を担いながら、一方では多くの費用と労力を必要するため、取り組みが困難になってきている調査報道、ノンフィクション分野の健全な発展に寄与することを目的に、2019年2月設立。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#460484 2019-08-07 04:33:43
More updates
Thu Aug 15, 2019
6:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費無料 FULL
Venue Address
渋谷区神宮前6丁目25−16 いちご神宮前ビル 2F Japan
Organizer
SlowNews
103 Followers
Attendees
60